2014年07月の記事一覧

インドネシアのメジャー料理、ペペスイカンの作り方!

ペペスイカン(Pepes Ikan)とは、魚をバナナの皮で包んで蒸した、
インドネシアの超メジャーな魚の蒸し焼き料理。
香辛料をたっぷりと使ったスパイシーな味付けは、ご飯がすすむ~♪

新鮮なお魚がゲット出来たので、ペペスイカンの作り方を教わりました。
自分用の料理メモとしてブログにアップしちゃいます~☆

まず、用意するのはお魚。
Ikan Tongkol
今回はイカントンコール(Ikan Tongkol)を用意。
カツオのようなお魚です。

そして、左回りで。。。
ペペスの材料
トマト 1個
レモングラスの茎 2本
チャベロンボク(大きなトウガラシ) 2個
チャベクチル(小さなトウガラシ) 4個
バワンメラ(小さな赤玉ねぎ)  15個
バワンプティ(にんにく) 6個
ジャヘー(しょうが) 1カケ
クニット(ターメリック) 1カケ
ラオス(しょうがの一種) 1カケ
塩 小さじ1
トラシ(海老ペースト) 少々

上記材料をぶつ切りにして、チョベッ(Cobek)と呼ばれる石うすでゴリゴリとつぶしていきます。
ペペスのブンブ
この石うすがない場合は、ミキサーでもできるようですが、
出来上がりのお味は格段に違うのだとか。

pepes ikan1pepes ikan2
ゴリゴリすると、こんなに滑らかになりました!
簡単そうで、けっこう難しいこの作業。
慣れていないと無駄に力が入ってしまい、手首を痛めます(笑)

そしてブツ切りにした魚と混ぜ合わせます。
pepes ikan3
この時点で、すでに美味しそう~~
ヨダレが…( ̄u ̄)ジュル,,,

それからバナナの皮で包むのですが、
この時、ダウンサラム(Daun salam)という葉を使うとさらに美味しくなるんだとか。
daun salamikan pepes 4
別名インドネシアベイリーフ(ローレル)と呼ばれ、
要は臭み消し、香り付けのようなもの?
これをバナナの皮と一緒に包みます。

pepes ikan5
端を竹串で止めたら、仕込みは終了!
バリだとバナナの葉は簡単に手に入るけど、日本で作る場合には、
アルミホイルで代用できるそうですよ♪

pepes ikan6
これをきれいに蒸し器に並べて、
蒸すこと20分。。。。。

いい匂いがしてきたぞ~~

pepes ikan 7
O(≧▽≦)O ワーイ♪完成!

見た目はあまりよろしくありませんが、
スパイスたっぷりでウマウマ♡
今回は蒸してみましたが、焼いてもOK。

日本でこの味を再現するなら、、、
魚はカツオを使い、
手に入りにくい食材の代用は、
レモングラス→レモンの搾り汁
バワンメラ→エシャロット
唐辛子→鷹の爪や一味唐辛子
クニット→ターメリックの粉
ダウンサラム→ベイリーフ(ローリエ)
ちょっと味が変わるかもしれませんが、日本でもできそう?
トラシの代用品はないので、入れなくても大丈夫ですが、
アジアン料理の調味料専門店でゲットするのも手です。

で、ここで要注意なのは、日本のにんにくは味、香りがとても強いので、
控え目に入れること!!
上記分量で入れてしまうと、たぶんとんでもないことになります!

あ~お腹がすいてきた!
さてさて、一人で出来るかな~~(汗)

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

発送についてのお知らせです

現在インドネシアはイスラム教の断食(ラマダン)中。
6月29日から始まり、7月27日まで日中は飲まず食わず。。。

7月28日からはイドルフィットリー(Idul Fitri)という、
断食明け大祭となります。

そのため、郵便局などの公共機関は7月いっぱいお休みとなります。

当店の発送も7月27日~7月31日までの5日間は発送出来ませんので、
お急ぎ注文のお客様はご注意くださいませ!

8月1日より通常発送となりますので、どうぞ宜しくお願い致します♪

イドルフィットリー

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

王族の華やかなお葬式

バリ人にとってお葬式は人生最大のイベント!

日本のように悲しみに満ちたものではなく、
観光客もカモ~~ン!!な公開火葬なんです。

6月30日、バリ島東部にあるクルンクンという場所で、
王族のお葬式がありました。

ウブドの王族は1~2年に1回ぐらいのペースでお葬式がありますが、
ここクルンクンではなんと10年ぶりなんだとか。
という事で、地元の人たちも張り切って正装で見学♪

王族のガベン1
これが棺を火葬場まで運ぶ塔。
高さは10m以上でしょうか。
装飾が美しい!

以前にもお葬式の準備を見学した事があるのですが、
庶民レベルとは全く規模が違います!
その時の記事はこちら→バリ島のお葬式、ガベンは賑やかなお祭り!

良く見てみると。。。
王族のガベン2王族のガベン3
土台はなんと、亀さん!
それもこの亀さん、冠をかぶっています。
さすが王族!

王族のガベン4
そしてこれが遺体を納めて焼く棺。
王族は黒い牛というのが決まっているようです。
なんだか日本風にも見えるのは傘のせいかしら??

王族のガベン5
見渡す限り人だらけ!
人の波に乗って龍も現れました。
これも尻尾の先に冠かぶってる!

王族のガベン6
棺も担がれてやって来ました。
これが先ほどの塔に収められて運ばれるんですね。

王族のガベン7
この写真を撮るために塀によじ登ってまで頑張って来ました(笑)
でもこの時点でギブアーップ!
もう暑くて暑くて、、、(^^;

このお葬式のために3か月以上前から準備していたようですが、
美しい装飾が施された塔や棺はすべて燃やしてしまうのです。
なんだかもったいない気もしてしまいますが、
人生のフィナーレに相応しい、素晴らしい式を見学出来ました♪

そうそう、見学しているとき、1台のラジコンヘリが飛んでいたのですが、
どうやら空撮していたようです。

ウブドの王族のお葬式の時も飛んでいて、
その時の動画がYOUTUBEにアップされてました!
http://www.youtube.com/watch?v=N_IUGALsyVc

きっと今回もこんな感じに撮影されているんだろうなー。
少しでもバリのお葬式の盛大さが伝わるかな??

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ