ジャランジャランのタグを付けられた記事一覧

必ず寄りたい!バリ島東部エリアのおススメワルン♪

最近、観光スポットとして注目度アップの
バリ島東部エリア!

センセイシャやアラムセンポールを始めとした
ナチュラルプロダクトの工房があったり、
アタ製品の産地、トゥガナンや昔ながらの塩作りをしているクサンバ、
田んぼが広がるシデメンなどなど。

その外にも、とっておきの観光スポットが点在しているエリアです。

でも、このエリアっておススメすべきワルンが少ない!
お魚サテが有名なメルタサリぐらいで、
あとは眺めの良い場所に、少しお高めなレストランがあるぐらい?

結局メルタサリでご飯食べて帰る!みたいなパターンになっちゃうんですよね~(笑)

そして見つけたっ!おススメワルン~♪
sate kambing 1
「ワルン バリ」
サテカンビン(ヤギ肉のサテ)とグレ(カレー風味のモツ煮込み)、
そしてラワール(野菜とヤギ肉、スパイスの和えもの)があるお店。

ラワールって豚が一般的なのですが、ここはヤギ肉を使っていて、
他ではなかなか食べれない一品があります。
ローカル感たっぷりですが、とても人気なんですよ♪ 

こちらがセットメニュー♪
sate kambing 2
ご飯とサテ、グレとラワールの4点セットで30,000Rp~♪
もちろんアスリ(本物)です 笑

巷のサテカンビン屋は混ぜもの?をしている所も多く、
ヤギ肉と言いながら、鶏肉や牛肉を混ぜているんだとか。
ヤギ肉は高いですからね。。。

でも、このお店のオーナーさんはヤギのバイヤーで、
ジャワより買い付けしているので、安心して食べれることができるそうな。
他のサテカンビン屋にも卸しているんだって。

こちらが注目のラワールカンビン!
lawar kambing 1
野菜や香辛料、揚げたココナッツフレークにヤギの皮や肉を和えてあります。

ヤギ肉独特の臭みはスパイスでカバー。
コリコリとしたヤギの皮がアクセントになってます。

バリでもこの一品を食べれるところは少ないようで、
ここ以外はデンパサールにもあるというウワサ。

場所は、バイパスからクサンバ市場に行く道(Jl.kusanegara)に入って、
100mほど進んだ右側。

そうそう、ここのワルンのもう一つのおススメ!
lawar kambing 2
一面に広がるグリーン!
ワルンのくせに(笑)とても居心地のいい眺め!
目の前に広がる畑(田んぼではないです(^^;)の先は海!!

海からの風が緑に揺れて、本当に気持ちが良い(*^^*)
長居してしまいそうな、
心地の良いローカルワルン発見でーす♪

ワルンバリ(Warung Bali)
Jl. Kusanegara, Desa kusamba, Klungkung
TEL:081-337-174447

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

バリ島の有名な撮影スポット!

ラフティングで有名なトラガワジャ川の河口。
バリ島で一番大きな川があります。

滝のようになっていて、ちょっとした撮影スポット!
Klungkung1
観光客の撮影場所と言うよりも、
フォトグラファーさんの撮影現場となっていたり、
ウエディングとか、何か記念の定番撮影ポイントとなっている様子。

つい先日も、撮影現場を発見したので、ちゃっかり便乗~♪
Klungkung2
最初はバロンの登場~♪
行った時には既に終わっていましたが、、、(汗)
女の子ちゃんたちのカメラ目線頂きました(^^)

お次の登場はニワトリ!
Klungkung3Klungkung4
バリの男たちと言ったら、闘鶏でしょー。
演技指導?も入り、熱く戦う場面を再現。
ニワトリちゃんも大変だー(笑)

あ、ちなみに後ろを歩く青年は、バリ島の妻夫木聡!
と、私が勝手に思ってるイケメン青年。

いや、ちょっと言い過ぎたかな(笑)

その次は、バナナの葉っぱを持った子供たちの登場~♪
Klungkung5Klungkung6
なんか、南国の少年たちってイメージ。

水しぶきを上げながら、元気いっぱいに駆けずり回っていましたよ~。

バリって、こんな光景が良く似合う!
なんかバリっていいよねーと思ってしまう瞬間(笑)

葉っぱから手桶に持ち替え!
Klungkung7
この撮影場所の定番写真!

私は無銭カメラマンなので(笑)木陰からこっそりと撮影してましたが、
プロが撮影するとこーんな感じになるらしい。
Klungkung8
<出典:PLACES TO SEE

エキストラたちは地元の子たち。
そこら辺で遊んでいる子を招集して、
エキストラで登場してもらってるらしい。

知り合いのおっちゃんが依頼を受けて、
バロンからニワトリまでの手配をしたのだとか。
全部で1.5jt(約15,000円)の収入があったそうで、ホクホク顔!
良い商売だな~!

ほぼ毎週、バリ島内だけでなく、お隣ジャワ島(ジャカルタ)、
マレーシアなどから撮影隊がやってくるのだとか。

ウエディングの写真撮影だったり、映画撮影だったり。。。

私にもエキストラ依頼、来ないかな~(笑)

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

バリ島での初詣!

みなさま、明けましておめでとうございます~!

日本ではどんなお正月をお過ごしでしょうか。
今の時期は初詣でお寺は賑わっている頃かな?

2013年のウブドはとんでもない過激な年越しとなったのですが、
(以前記事はこちら→過激な年越し!?)
2014年バリ島の年明け、なんと大雨(泣)
ほとんどの人が室内で過ごす羽目になった事だと思います。
年末年始は必ずと言っていいほど雨が降っていますが、
今年はひどかったかも。
とはいっても、大雨の中でも花火をガンガン打ち上げていましたよ。

さてさて、私のお正月ですが、日本っぽく寺院参拝なんてしてきちゃいました。
バリ島はお正月なんてぜんぜん関係ないのですが、
日本人としては初詣したいですよねー(笑)

ってことで、バトゥール、ブサキと遠足気分で参拝!

まずはウルン ダヌ バトゥール寺院(Pura Ulun Danu Batur)
pura ulun danu batur1

ここにはヒンドゥー・ブッダの寺院もあります。
pura ulun danu batur2
この寺院は、もともとバトゥールの湖畔に建っていたのですが、
バトゥール山の大噴火の際に飲み込まれてしまい、現在の位置に移設されたのだとか。
という事で、湖畔にあるもう一つのバトゥール寺院まで足を伸ばしてみました!

pura hulun danu batur1
湖畔の風景は、大噴火で流れ出した溶岩の跡がまだ残っています。
バトゥール湖畔にある、有名な温泉「トヤ ブンカ」を通り過ぎ、
1時間ぐらいは走ったかなぁ?

バトゥール湖の突端?に位置する場所、ソンガン(Songan)エリアにありました。
山の上にあるバトゥール寺院は観光客や物売りでごった返していますが、
こちらはほとんど観光客も訪れない静かな場所。
pura hulun danu batur2

この場所は2か所お祈りする場所があるのですが、湖のほとりにある場所は
湖に沈みゆく運命にあるようです。
Pura hulun danu batur2
昔は直接お寺に入れたのですが、ここ数年で湖面が3mも上昇してしまい、
今は迂回路を通ってお寺に入ります。
pura hulun danu batur3
階段にまで押し寄せる水。

湖に浮かぶ寺院として有名なブラタン湖のお寺も、湖面上昇で
深刻な問題となっているようです。
世界中で異常気象が問題となっていますが、バリ島も例外ではありません。
これ以上水が増えたら、このお寺も移設することになるのかな?

ゆっくりと参拝した後、今度は総本山、ブザキ寺院へ!
ここ最近トラブルをよく聞くようになりました。
相当ひどいガイドがうろついているようなので要注意!
ちゃんと正装していれば問題ないようですけどね。
Pura Besakih1
この日は雨季の真っただ中だというのに快晴!
素晴らしいアグン山を見る事が出来ました。

ブサキ寺院の一番てっぺんにある、グラップ寺院(Pura Gelap)へ!
Pura gelap1
うーん、とっても良い眺め!
実は何度かブサキに参拝に来ていますが、
ここまで上がってきたのは初めて!

今年も良いことがあるといいな!

皆様が今年1年、幸せに暮らせるようお祈りして来ました。

素晴らしい2014年となりますように☆

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

今更ながら(笑)海上有料道路を走ってきました!

9月末、ベノア~空港~ヌサドゥアを結ぶ海上道路が開通!
開通当初は無料開放されるなど、何かと話題になっていた道路。
正式名はJalan Tol Bali Mandara(マンダラバリ有料道路)となりました。

開通から約1か月、そろそろ落ち着いた頃を狙ってバイクでツーリングに行ってきましたよ~♪
きっと昼間の方が海が綺麗に見れて良いかもしれませんが、
現在のバリ島、昼間は焦げるほど暑いので(笑)
サンセットタイムを狙ってきました。

ベノアからスタート!
海上高速道路1
サヌールのバイパスを下り、セセタン(Sesetan)の交差点を左折!
ベノア港に続く道へ入って行くと、海上道路入り口が見えてきます。

海上高速道路2
左側車線が海上道路入口ですが、ここで注意!
車のみ左側、バイクはそのまま通過します。
ここで間違える人多発!わかりにくいですよー。。。

そしてしばらく進むと、バイクはUターンする場所があります。
サインがないので、ここでも間違える人多発(苦笑)
そのまま進んでベノア港エリアに行っちゃう人もいるようです^^;
海上高速道路3
ちょうど中央分離帯の途切れている場所でUターン。
わかりずらっ!

海上高速道路4
ここでやっとバイク専用の高速入口に入れます。
なんでこんな面倒な迂回をしなくてはならないかは不明。。。

すぐに料金所があります。
海上高速道路5
車 10,000Rp バイク 4,000Rpだそう。
うぅ~、夕日が眩しい!

ちなみにETCのようなものもあります。
海上高速道路6
mandiri銀行のみ使用可能のようですね。
送迎車など、この道をよく使う人には便利かも!

海上高速道路7
夕方にはかなり潮が引いてしまうので、陸状態になっちゃってますが、
昼間だったら海の上を通る道路!最高の気分だろうな~♪
海上高速道路7
無料期間はかなり賑わっていたようですが、今は空いていて快適♪
テンションあがる~♪♪♪
やっほ~~~い!
サンセットドライブ~!

海上高速道路9
車専用道路の方は二股に分かれ、
右に行けばヌサドゥア方面、
左に行けば空港方面に出るようです。

バイクはそのまま高架下に潜っていきます。
海上高速道路10
狭いし、結構なカーブだし、スピード出すことはできませんね。
バイク専用道路は幅2.5mぐらいなので、追い越しは気をつけないと怖いかも。。。

海上高速道路11
分かれ道には看板があるので、間違える事はないかな?
ベノア入口から空港出口まで約5分!はやーい!
一瞬にして着いちゃいます。
普通道を通ったら、10分ぐらいかな?
半分ぐらいの時間で行けちゃうので、飛行機の時間がっ!なんて時にも安心♪

海上高速道路12
日もかなり沈んで来ました。
ベノア近くでは真正面に沈んでいた夕日ですが、
空港を過ぎると右側に沈んで行きます。
ここにちょっとしたサービスエリアがあったら良いのに。。。
立派な観光地になるんだけどな(笑)

海上高速道路13
ヌサドゥアが近づいてくると、マングローブの森が見えてきます。
ここまでの所要時間は約15分。
空港からだと約10分。
ドライブするにもちょうど良い長さですね。

車でのドライブも良いけど、バイクの方がより気持ちが良いかも♪
海も近くで見れるしね(*^^*)
なかなかヌサドゥアまでは遠くて足が遠のいていたけど、
これなら気軽に行けそう♪

でも、、、アイタタタッ!
お尻が痛~い!

朝にヌサドゥアに行って、昼間はのんびりビーチで♪
夕方のサンセットを見ながら帰るなんていいかも!
楽しいツーリングができましたっ♪

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

ナウでヤングな人たちが集まる場所、ポテトヘッド!(笑)

夏休みシーズンにお友達が遊びに来てくれました~!
いつもローカルエリア界隈でウロウロしている私ですが、
今回はちょっとオチャレな場所に行ってきました♪

ナウでヤングな人たちが集まるとウワサのスポット
ビーチクラブ ポテトヘッド(Potato Head)
Potato Head1
ジャガイモ頭~(笑)
スラングで「バカ」という意味があるらしい。。。
バカになっちゃおうぜ~という感じ???

おしゃれなスポットとして人気の、スミ二ャックのプティトゥンゲットビーチ界隈。
ポテトヘッドの他に、老舗クーデター(KU DE TA)Wリトリート&スパなどなど、ちょっぴりセレブ~なビーチクラブやホテルが集まる場所です。

Potato Head2
外観は窓枠で埋め尽くされています。
インドネシア各地から集められたチーク材のアンティーク窓枠。
個性的な概観にびっくりー!

Potato Head3Potato Head4
中に入ったら天井まで窓枠だらけ(笑)

アーチ状に弧を描いた形になっていて、入るとバーカウンタや、
のんびり出来そうなソファが並んでいます。
そのままグングン進むと、プール、そして海~♪♪♪
Potate Head5Potato Head6
プール右側は15センチぐらいの浅いプール?で、
みんな寝転がりながら本を読んだりiphoneいじってたり。
気持ち良さそうー。

そしてプールバーもあったりなんかして、みなさま昼間っからガブガブ酒飲んでます(笑)
プールバーの一角がが浅めのプールになっているので、若干水温高め。
日本人にとってはもう少し温水だったら良いなぁなんて思いますが、
ここなら体が冷えずに酒が飲める!(笑)

そして気になるメニューはこちら!
Potato Head7Potato Head8
お昼メニューですが、約10万Rpぐらいからあります。
カクテル系は15万Rp~、ノンアルコールは45000Rpだったかな?
このレベルだったらそんなに高くないかなーといった印象。
Potato Head9
お隣さんが食べてたのをこっそりとパチリ(笑)
ビーフバーガーかなぁ?ポテトもたっぷりでおいしそう!

Potato Head10
ここのメニューは何だか可愛い!
不思議な絵がいっぱい描かれていますよー。
ワインリストもあったりして、お酒はかなり充実している模様。

ソファーに座ってグダグダと過ごすには最高!
心地よい風が吹いて、友達いわく、ワイキキよりいいんじゃない?なんて言ってましたよ♪
海の青さは負けるかもしれませんが、ビーチに人も少ないので、のんびりとビーチリゾートを楽しめるといった感じでしょうか?

あ、そうそう。ここは席チャージとかは無いけれど、
プール前のゴロンと横になれるベット席に座るには、最低50万Rpは頼んでねっ♪という事らしい。
お酒飲む人だったら余裕で越すかもしれませんけどねー(汗)

Potato Head11
夕方にはこーんな綺麗な夕日が見れちゃいます。
サンセットタイムは激混みで入場制限されてしまうので、
3時ごろからのーんびり過ごして、サンセットをみてから帰るというのがオススメかも!

たまにはこんな贅沢な時間を過ごすのも良いかもね♪

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

クニンガンの楽しみ方

210日に一度の楽しみ!
それは、クニンガンのマス村のお祭り!

普通の人たちはそんなに楽しみにする事でもないのでしょうが、
バリ人と私は数日前からワクワクしてます(笑)

なぜならクニンガンから4日間、夜になると踊りが見れるから♪
そして、沢山のお店が出るから~♪

洋服から生活用品まで、何でも揃う青空市ですよ~!

やっぱり狙いはクバヤとカイン!
流行の布はここでチェックしなきゃね♪
マス村のお祭り1マスのお祭り2
やっぱりありました!
流行りのカラフル染の布。

そして、お花柄のクバヤ。同じ柄でスレンダンもあるようです。
クバヤには派手すぎるけど、スレンダンならいいかな~?

マス村のお祭り3
可愛いのがいっぱいで目移りしちゃう♪
クバヤは何枚あっても足りないくらい。

マス村のお祭り4
サンダルもカラフルな物が多くて、そして安い!
バリ島生活の必需品ですね。

そして、屋台を覗いて歩くのも楽しいですよね。
マス村のお祭り5
こちらはジューススタンド。
ぶら下がっているのは、粉末ジュース。
お好みの味を選んで、ジュースを作ってもらえます。
ちなみに、チョコレート味が一番人気のようです。

マス村のお祭り6
そしてこちらはCD、DVD屋さん。
1枚1万Rpで購入可能。
けっこう掘り出し物もあるかも!?
買うときは、必ず再生してもらうことをお勧めします。
たまにカラってこともあります(苦笑)

マス村のお祭り7
昔懐かしブリキのおもちゃ。
水に浮かべて遊ぶ船。
バリ人って器用なはずだけど、もう少しなんとかならないのかな~(苦笑)

マス村のお祭り8
なんだこれ~(笑)
馬に乗った少年か何か???
こちらも完成度低し!(笑)
表情がなんとも言えませんね。。。

マス村のお祭り9
カラフルな物体。
よーく見てみると、ゴソゴソ動いているじゃないですか!
なんと!ヤドカリちゃん。
ヤドカリちゃんの住み家に絵を描いちゃってます。
インドネシアで大人気のキャラクター達が描かれていますね。
クレヨンしんちゃんも描かれているのをはっけーん!
インドネシアでも大人気ですよ~♪

変なものいっぱいで、見学するだけでも楽しい!

そして、夜になると踊りが始まります。
マス村のお祭り10
夜8時半過ぎから始まって、11時頃までかな?
見ごたえありますよ~!
無料というのも嬉しいところ。

楽しくて毎回、毎日通ってます~!
ぜひ行ってみてくださいね♪

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

懐かしのドンムアン空港からバリへ(タイ・エアーアジア)

所用でタイはバンコクに行って来まして、またバリに戻っております~♪
バリと違う話題でスミマセン!

やっぱり、食べモノも美味しいし、バンコクはエネルギッシュですごい!!!と思いました。
それにしても、おかまちゃん率の高いのと、どこもかしこもエアコン効きすぎ!
シンガポールもそうだけど、女性のアイラインが凄すぎです(笑)
東南アジアの女性の化粧の特徴!?

そんな魅力的なバンコクにバリからビザトリップで行く人もいるんじゃないかと?
かなり情報の少ない、懐かしのドンムアン空港についてのリポートです。

行きはまあ超簡単です。
空港からタクシーで最寄りBTS駅モーチットまでは100バーツ+空港に居るタクシーへの追加料金で50バーツ程
空港から、スクンビットエリアまでは200~300バーツ位の模様です。(空港からは各50バーツ追加)

さて、問題は帰りの空港までの事。

バンコクは一日中夜中でもタクシーはウヨウヨしております。
なので、エアーアジアデンパサール行きだと、スクンビットエリアを夜中の3時30分頃
出発しますが、30分程度でドンムアン空港に到着です。
国際便でドンムアンを使っているのは、エアーアジアを中心としたLCC航空会社のみだと
思いますので、ドンムアン!!!と強調してタクシー運転手に言わないと、
スワンナープ国際空港に連れて行かれちゃいますよ~。

スクンビットエリアから夜中ですと、150バーツから220バーツくらいだと
思います。
かなーり飛ばされて怖かったけど、チップまであげちゃったよん♪

このターミナル1の出発ゲートに到着になります。
bkk1
写真がピンボケですみません!

建物の一番手前のエリアがエアーアジアのチェックインカウンター付近
bkk2
中国・韓国の観光客率多しです。
それにしても、某国の方々のマナーの悪さにちょっとびっくりしてしまった。。。

エアーアジアのインターナショナルと書かれた所に並んで!
bkk3
チェックインするのですが、明け方だから眠いのか遅~いんだけど
のんびり待ちましょう♪

で、エアーアジアで機内食を予約してる人は良いんだけど、
ドンムアンに早朝到着して、ご飯食べれるの?って疑問ですが、
これは全く心配なしです。
朝から色んなお店がオープンしております。もしや24時間営業!?

ここは、ちょっとしたお土産品屋さん。
bkk4
地元のお菓子や雑誌などがいろいろ買えちゃいます。

お店のお隣は、サンドイッチなどの軽食とコーヒーなどの
カフェがあって。
bkk5
マフィンやアンマン、飲茶っぽいメニューもありました。

エスカレーターで上がって行くとヌードル屋さんもあり!
bkk6
揚げもの系の美味しそうなメニューもありました。
パスポートコントロール以前に上記のようなお店があります。

ここが入国審査の入り口。
bkk7
左の掲示板で出発ゲートをチェックしてからね♪

こんな時間にDuty Freeまで開いてた!
bkk8

バッグや小物で有名なNarayaさんまで!!!
bkk9
こんなん知ってたら、プロンポンでわざわざ買って来る事なかったな~と(笑)

中に入っても、マクディ(マック:マクド)もSabway(ちょっと遅い時間にオープン)も
やってて、全く朝ごはんには不自由しませぬ☆
bkk10
ちなみに、和食っぽいお店もありましたよ。

今回の出発ゲートは1番ゲート
ここでまた待機して。
bkk11
時間になったらここからバスで飛行機まで移動しました~。

いつもエアーアジアの場合、デンパサール行きは必ず席の指定をするのですが、
今回に限ってすっかり何もしてなかったら♪♪♪
bkk12
私の横には誰も来ず~っ!ラッキー!!
横になって爆睡して起きたら、既にバリの海だった☆

まとめですが、ドンムアン空港はやっぱり過去の国際空港だけあって
意外にすごかったです。
ご飯・お買いものなどなどの心配全くなしです。
ビザ取得、シンガポールだけじゃなくって、タイもなかなか魅力的かと
思います。

私もこれで東南アジアのエアーアジア
とエアーアジアXもほぼ制覇だな♪

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

ワカナ

タグ

初!エアーアジアXでバリに戻って来ました~♪(マレーシア・クアラルンプール経由)その2

バリに戻って来てから、既に2ヵ月経っちゃおうとしてますが、、、
覚えているかな~!?

その1からの続きです。
この看板が見えたら、エスカレーターを上がって行きます~。
airasia8

かなり長いエスカレーターで、上から見るとこんな感じ♪
airasia11

また、進行方向に確かエスカレーターを下って行きますと!
airasia12
ダンキンとか色々なショップがあって、ご飯・飲み物・お土産まで買えちゃう
お店もいっぱいありました~

喉が乾いちゃったので、お水(確か3,5マレーシアリンギット)を買って、
ここで飛行機を待ちます~。
airasia13
3,5マレーシアリンギットっていくらなんだろう?って調べてみた所
100円ちょっと位なんですね。空港なので、物価は少し高めかと思います。

バリ行きのゲートはT11
それにしても、日本人のような人は全く見当たらずで(笑)
airasia14
結構、日本人の利用者が多いのかと思ってましたが、
そうでもないんでしょうかね~!?

時間が来たら、こんな通路を渡って!
airasia15

また、歩いて飛行機に乗ります~。
airasia16
KLからデンパサールは、席もしっかり指定して戻って参りましたよ~☆

エアーアジアX便の良さは、まず羽田発が夜と言う事で
その日一日余裕を持って行動出来る事!
そして、もちろん追加料金が掛って来ますが、お荷物は40kgまでOKなので
これは在住者にとって最高に嬉しい選択肢~!!
座席の狭さとかは、全然気にならない程度ですしエアーアジアXお勧めだと思います。

あとは、日付変更などがネット上で比較的簡単に出来るようで、
これも便利だと思います。
私みたいに、変更しまくってるとガルーダ片道の方がよっぽど安いよな~って
事にもなっちゃいますが(汗)

ちなみに私は地元が千葉なので、羽田のメリットってあまりない(成田の方が近い)
のですが、エアーアジアXはまた利用したいな~と思う航空会社でした。
東京や横浜の人なら、羽田はものすごく便利ですよね~。

これはどうしても機内で食べたかったパンケーキコンボ(Rp24,000位かな?)
冷めちゃってるから、バターなんか溶けてくれないんだけど
美味しかったです~(笑)
airasia17
私のを見て、周りの人がすごく食べたそうでしたよ~♪
だって、誰もご飯類頼んでいないんだもん。。。

お食事は、ネットの時に予約しないとほぼゲット出来なさそうな感じです。
普通の飲み物はその場でも大丈夫かと思いますが、パールミルクティとかは
一度もゲット出来た事なしです。

今は、エアーアジアとか格安系のLCCが増えたり良い時代になってますが、
私が一番復活して欲しいのは、ガルーダのスカイチーム再加入と
何と言っても、グアム経由のコンチネンタル航空です!!!!!
これは本当に最高でした~っ、遠い過去の話ですけどね。。。

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

ワカナ

タグ

男の花園に潜入!みんなの熱い視線の先には。。。

バリ人男性の多数が、大好きな事。

それは、、、

闘鶏!

バリ語ではタジェン(Tajen)と呼ばれていて、
とってもポピュラーな娯楽。

普通はお寺のお祭りなど、儀式として行われるものなのですが、
ギャンブルとして行われている場合も多々。

インドネシアではギャンブルは法律で禁止されているのですが、
バリ島での闘鶏は、宗教儀式ということで、黙認されているんです。

それをいいことに!?村の外れで熱い闘鶏が繰り広げられているってワケ(苦笑)

そーんな、熱気ムンムンの会場に潜入しちゃいました!

前々から行ってみたいと思っていたものの、なかなかチャンスがなくて行けなかった闘鶏。
なぜなら、女人禁制な場所だから。
別に行ってもいいのですが、ものすごくイメージが悪いと言うか、そんな所に女が行くもんじゃない!と思われているんですね~。

そんな所に行きたがる私もどうかと思いますが(苦笑)
一度は見てみないとね♪

その場所に女がいると言うだけでも異様な光景なので、
みんなの視線がすごい。。。

こんな時は、外国人を大アピール(笑)
バリの文化を見学しに来たの!という感じをアピールしながらの入場です。
tajen1tajen2
闘鶏が始まると、みんな夢中!
入り込む隙間もございませ~ん!

tajen4
人をかき分け、やっと席をゲット!

試合が始まる直前にどっちが勝つかの賭けが始まる。
その掛け声の迫力がすごくて、圧倒されてしまいました。
まるでケチャみたい~!と一人で感動!
tajeng3

賭ける金額を見てみると、最前列に居る人は、1回の闘鶏で20万Rp、後ろの人たちは2万Rpぐらい賭けてましたね。
ここは田舎の方なので、そんなに賭けている額が大きくないようですが、
場所によっては、1回で数万円程度賭けちゃう人もいるようで。
闘鶏で負けて貧乏になっちゃったーなんて話もよく聞きますが。。。

さてさて、闘鶏のルールですが、

2匹で戦って勝敗を決めるのですが、
かなーり残酷というか、何というか、、、、
鳥さん好きの人は、この先読まないでくださいね(泣)

鶏の脚にナイフを付けて、相手が動けなくなるまで戦うんです。
tajen5
飛びかかって一瞬で決着が決まる場合もあるのですが、
ニワトリが戦意喪失状態になってしまうと、小さなカゴに入れて戦わせるんです。
tajen6tajen7

こんな小さなカゴに入れられて、まさに生死をかけた戦い。
tajen8
見ているうちにかわいそうになってくる~(泣)

そして負けちゃったニワトリさんは、しばらくすると綺麗に羽も取られ、
お肉となって戻ってきます。

かわいそうと言ったら、
「後で食べるから大丈夫。美味しいよ~。」
だって。

確かにそうだけど、何とも複雑な気分になってしまいました。
しばらくニワトリは食べるのやめようかな。。。

ちなみに、ウブドのお隣、マス村では大きな闘鶏場があり、ガルンガンには大規模な闘鶏が行われるんだとか。
ウブド近郊のお金持ちさんたちも集まるので、また違った雰囲気なのでしょうね。
見に行きたい!と思ってたけど、しばらくはやめておこうかな。

ちょっぴりセンチメンタルな気分になった、
ディープなバリ島見学でした~。

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

2013年02月13日 | 男の花園に潜入!みんなの熱い視線の先には。。。 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: NANA

初!エアーアジアXでバリに戻って来ました~♪(マレーシア・クアラルンプール経由)

今回初めて、羽田からエアーアジアXで
バリに舞い戻って来ました~!

デンパサール→成田は、時間が掛るので
ガルーダの片道を買って帰国。

羽田→デンパサールは割と時間も早いし、何より荷物が40kg持ってこられるので、
噂のエアーアジアXで戻ってみました☆

日本はとにかく寒い、寒い、寒いの一言。。。
南国ボケしてしまった体には、非常に辛い冬の一時帰国となりまして、
もう乾燥で鼻血は出るわ、肌はカサカサになってしまうわで大変でした(汗)

2度見直しても、また迷子になっちゃうパート2になるかもですが
自分の為にも、ブログに残しておこうかななんて!

私としては、そんなに狭さを感じなかったエアーアジアの座席は
こんな感じ。
airasia1
隣の人の靴が私の足の下にあるし(笑)やっぱりかなり狭いかな!?
本当にアセアンの人たち(マレーシア人?インドネシア人?)が
こんなに日本に来てるんだ~とびっくりしました。

私はどこでも1分以内位に寝れるので、
クアラルンプールまでは座席も指定せず&ご飯の注文もしませんでした。
意識不明のうちに、まだ暗がりのマレーシア・KLに到着~!
airasia2
エアアジアXが到着するのは、クアラルンプール空港のLLC専用ターミナル(LLCT)なので、
こんな場所で降ろされちゃいます(笑)

皆さんぞろぞろと歩いて行きます~。
airasia3
日本だったら危険と思われるような?場所を
徒歩でね(笑)気にしない気にしない!

入管を通って一度マレーシアに入国するみたいです。
airasia
日本人のような人は全く見当たらず。。。中国人やマレーシア人、インド人などが多い模様。

その後は税関なのかな?を通って空港の外に出られませんが
写真撮影禁止みたいで写真撮れませんでした。
airasia5
スタバとかあってほっとしちゃうんだけど、
マレーシアリンギットを持っていない人は、税関前のマネーチェンジャーで
両替をしなくてはなりませぬ!

スタバでお茶&ネットしながら乗り継ぎ時間の1時間くらいを過ごして
また、いざデンパサールへ♪

また再度出国手続きの為に、インドネシア国行き(この時はR1~R36)の
中のデンパサール行き(R32)に並びます。
airasia6
結構並んでて時間掛ってたので、早めの方がベターそうです。

この手続きが終わると、また来た方向にくるっと180度
戻るような形で、出てくるのがこの看板!
airasia7
ここ注意しないと間違えやすいかも!あれ?私だけかもしれませんが(笑)
いよいよ、デンパサール行きの待合所へ♪

この看板が見えたら、エスカレーターを登って行きます~!
airasia8
デンパサール行きはT11!
バリに戻れると思うとワクワクワクワク!!

その2に続く♪

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

ワカナ

タグ