ロンボク島のタグを付けられた記事一覧

バリ島からローカルフェリーでロンボク島へ!!

5年ぶりのロンボク島への旅!
ロンボク島はバリ島のお隣にある大きな島で、リゾート地としても人気があるエリア。
とはいっても、バリには全然及ばず、素朴なリゾートといった感じです。

5年ぶりでしたが、以前よりはレストランやホテルが増えたなーという印象がありましたが、
まだまだ素朴、観光客もちらほらいる感じでした。

いつもはプロペラ機に乗ったり、スピードボートでギリ経由でロンボクに行っていましたが、
今回は気分を変えて (いや、お金がなかっただけなんだけど、、、)
ローカルフェリーを使ってみましたよ♪

一番リーズナブルに行く方法ですが、時間がかかります(笑)

所要時間4時間~5時間(船に乗っている時間) 
パダンバイの港から出ているので、そこまでは自力で移動しなくてはなりません。
一番安い方法はプラマのシャトルバスなのかな?
ウブドからは1時間半、南部エリアからは2時間ぐらいはかかると思います。
時間に余裕を持っていったほうが良いですね。

パダンバイのチケットセンターは建物の一番左側に。

建物に入ると小さなカウンターがあります。
大人46,000Rp、子供(2~5才まで)29,000Rp
ちなみに、ヌサペニダも同じところから出ているようで、
大人31,000Rp、子供26,000Rpだそうです。
(2017年7月現在)

トラックやバス、車もいっぱい積めるほど大きな船なので、そんなに揺れたりしません。
どうやら日本の連絡船を使っているよう。

ちなみに、車を1台運ぶのは80万ルピアって言ってたかな??
ロンボク周遊を考えているなら、車ごと移動というのもアリかもしれないですねー。

乗り込んでみると人、人、人!!!
いつもはこんなに混雑していないようですが、ちょうどシーズンに当たってしまったようで(^^;
激込みで座れるところがない~!!外の通路にも人が溢れかえってる~。
ローカルもいっぱい、観光客もいっぱい~。サーフボード抱えた人もいっぱいいました。

なんとか片隅にある雑魚寝スペースを確保しました(笑)

3万ルピアでベッドというか、マットレス1枚分を確保。
まあ4時間の長旅だし、寝転がって過ごせるなら良いか(苦笑)

そんなこんなで4時間の航海が始まりました~♪
思ったよりも快適な船の旅。

飛行機でプーンと30分程度で行くのも良いけど、
この見渡す限りの大海原を見ながらの航海もなかなか良い!

そしてロンボク島の南部、レンバール港に到着します。
ちょうどその時は船着場も込んでいたようで、港が目の前で立ち往生。
1時間待たされることになりました。
安い反面、やはり時間がかかりますねー(^^;
時間に余裕がない人にはおススメできませんねー。

ここから陸路移動。
リゾート地のスンギギまでは1時間半ほど。
客引きも多いので、現地で足を確保することもできます。(でも交渉力が必要!)

今回はホリディリゾート ロンボクに泊まってみました♪

ホテル前はすぐビーチ!
というか、波が高かったら入ってきちゃうでしょ!?っていうぐらいな近さ!

ローカルの子がサーフィンして遊んでたり、本当にのどか。
物売りもいるけれど、バリのようなガッツある感じではなく、あきらめも早い(苦笑)
バリ島は人が多すぎる感じがありますが、ここなら静かに過ごせますよー。
でも、その他に何もありませんが。。。(^^;

たった2泊滞在でしたが、ビーチをひたすら歩いたり、夕飯を探しにスンギギの中心地に1回出ただけで、
それ以外はホテルでのーんびり。
ロンボク島ではホテルライフを楽しむのが一番!だと思ってます。

そして帰りもローカルフェリーで。

入り口はこちら。

水色の大きな看板が目立ちます。

ちなみに荷物が多い場合、入り口付近で声をかけてくるポーター?のおっちゃんに頼むのも手。
1万ルピアで船の中まで案内してくれ、席も探してくれます。
空港のポーターとか、みんな意外と毛嫌いしますが私は良く使っています。
融通が利くので便利なのです(*^^*)

そして帰りも激込みな船内(泣)
行きにゲットできた雑魚寝スペースも満杯、外の通路で我慢するしかないと思っていたら、
ここでサイドビジネスが始まるわけです(笑)

船員の仮眠室をレンタル~♪

普通に部屋(笑)

4ベッド個室を20万ルピアでゲット。
4ベッドも要らないんだけど、だれも入ってこない空間として使えるのは良いですね。
まあ節約でローカル船に乗っても、ここで20万も払ってしまえば意味もない気もしないでもない。。。

でも、外の甲板で4時間風にさらされるよりはマシだよね(^^;

ちょうど乗った船がサンセットタイムの航海。
夕日がバリ島に沈む~☆

思いがけずサンセットクルーズになっちゃいました♪

ロンボク旅行、今回はいつもより遠く感じたけど、
久々に『旅』をした感じ。

こんな旅もたまには良いよね?

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

ロンボク島、3大ビーチ特集

前回に引き続き、ロンボク島特集!

maplombok
地図提供:THE LOMBOK GUIDEより>

ロンボク島は大きく分けると、
サーファーで賑わう南部エリアのクタ
ロンボクの中心地、マタラム
リゾート地の西部エリアのスンギギ
手付かずの自然が残る東部エリアの東ロンボク
に分かれています。

バリと同様、華やかなビーチリゾートなのかなーなんて思うかもしれませんが、
ぜ~んぜんっ!
これが観光地ですか?と聞きたくなるような素朴さが残っています(笑)

そんな素朴なロンボクのとっておき3大ビーチをご紹介♪

1.スンギギビーチ(Pantai Sengigi)
sengigi beach1
ビーチ沿いにはレストランやお土産屋さんが並んでいるので、観光客が過ごすには便利なエリア。
ホテルもたくさんあるので、ここに滞在すれば困ることはないですね。
ビーチは昔に比べると賑やかになったかも。
何となくローカルエリアと観光客エリアに分かれて、お互いを邪魔しないようにビーチを使っている感じ。
ローカルエリアはカヌーに乗ったり釣りをしたり。
観光客エリアはレストラン前のビーチソファーに寝転がってのんびりと過ごしています。
透明度は若干落ちますが、一番過ごしやすいビーチです!

2.マリンブビーチ(Pantai Malimbu)
Milimbu Beach1
ローカルっ子のデートスポットでもあるマリンブビーチ。
スンギギより20分くらい北上したところにあります。
写真撮影ポイントとしても有名で、車を止めて休憩している人たちの姿も良く見かけます。
猿や牛もウロウロとしていて、とても静かな場所ですね。
ビーチに行くには、ヤシの木の林を通って行かなくてはならないので、
ゆっくりするというよりは高台にある丘から眺める感じでしょうか。
ここからの夕日は最高~!
ロマンチックな時間を過ごしたい人におススメです!

3.タンジュンアンビーチ(Pantai Tanjung Aan)
Tnajung An Beach1
南部のクタエリアにあるタンジュンアンビーチ。
インドネシアで一番美しいビーチにも選ばれた、とても有名な場所。
弓状になったビーチが特徴ですが、なにしろ暑い!
木陰がないので、日差しが直に照りつける~!
ここのビーチの砂は何故かまん丸の大きな粒。
岩山を挟んだ隣のビーチは、普通のパウダーの砂なので、とっても不思議。
ただ、物売りがしつこいのが難点かな?
クタエリアは現在リゾート開発が進められているので、これから注目のエリアです!

ロンボク島はまだまだ素朴な場所。
ビーチとして整備されているのはスンギギぐらいでしょうか?
イスラム教の島でもあるので、マナーを守り、楽しいビーチライフを過ごしてくださいね♪

以上ロンボク島3大ビーチでした!

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

ロンボク島でバカンス!

ここ数年の恒例行事となっている、ロンボクバケーション!
今年も行ってきました~♪

ロンボク島は国際空港も出来、バリのようなリゾート地になるべく、
ドンドンと開発されていますが、まだまだ素朴なロンボク。
バリ島から40分で行けるリゾート地ですよ♪

毎年、ギリ、ロンボクという経路で船を使って行っていましたが、今年はどっぷりロンボク滞在!
なので、飛行機での移動となりました。
ロンボク島1
ロンボクにはプロレラ機で~♪
悪名高き、メルパチ航空(笑)
ディレイが多く今までは敬遠していましたが、かなり良くなってきたようです^^;

それでは、ちょいとバリを離れてバケーションへ行ってきま~す!!
海上高速道路
目下に見えてきたのはバリ島初の海上高速道路!
7月に開通予定だったのですが、まだ開通せず。
ウワサによると9月12日に開通するとか?本当かな??
ブノアエリア
そして次に見えてきたのは、南部エリアのリゾート地、タンジュンプノア~!
マリンスポーツを楽しむ人たちで賑わっているエリア。
空から見ても賑わっている感じが分かりますね!

バリ島からロンボク島までは、たった40分の短いフライト。
こんな短いフライトでも、一応機内食も配られます。
機内食
パカッと箱を開けると、こんなん入ってました(笑)
オレンジジュースとかもらったほうが良いかも。ははは~^^;
パンなんてのん気に食べている暇もなく、ロンボクに到着!

まだ新しいロンボク国際空港!
ロンボク国際空港
ここからリゾート地スンギギエリアまでは1時間半くらいでしょうか。
結構距離があります。

今回のお籠もりホテルはこちら♪
スヴァルガリゾート(Svarga Rssort)
svarga resort1svarga resort2

Svargaとはサンスクリット語で天国という意味らしい。
今年出来たばかりの新しいホテル!
今回はプライベートプール付きのネイマ・ルームにご宿泊♪
svarga resort3
いや~ん♡ステキ!
通常だったら300ドルを越すお部屋ですが、オーナーさんのお友達を通して紹介していただいた為、
めちゃくちゃお安く泊まらせていただきました!

一応4月にオープンしたようですが、まだ工事中(笑)
出来た部屋からお客様をとっているようです。
svarga resort4svarga resort5
スタッフたちが家具などをせっせと運んでいます(笑)
今はホテル前はヤシの木の森となっていますが、
パンフレットを見ると、どうやらこの芝生部分にプールも出来るらしい。
海沿いリゾートも良いけれど、木々に囲まれているのも心地よくて良いなぁ。
ちょっと歩けば海に行けるしね♪

すぐ近くにあるスンギギビーチからの夕日は最高!
sunset
ロンボクから見ると、夕日はバリのアグン山に沈んでいくんです。
本当に美しい!
ロンボクから見るアグン山が一番好きかも!!

そして、夜のお楽しみといったら、夜空☆
ロンボクの星空、本当に綺麗ですよ。
空気も澄んでいて、満月の日だというのに、この星の数!

地球からのおもてなしがいっぱいある島、ロンボク島。
皆さんもこんなステキな夜空を眺めに来ませんか~??
IMG_0881

Sverga Resort(スヴァルガ リゾート)
http://svargaresort.com/ja/
Jalan Raya Senggigi, Senggigi, Lombok

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

ギリメノ→ロンボク→バリへの行き方

のんびーりギリメノからロンボクへ移動!

ロンボクへの移動はチャーター船!!とは言っても漁船のようなお船で(笑)
値段をうっかりと忘れてしまいましたが、着く港によって値段が違い、スンギギまで20万か25万Rpでした。
ロンボク1
もし安くロンボクへ行きたい場合は、朝7時ごろのローカル線があります。
バンサルという港に着く船ですが、2万Rpぐらいで行くことができますが、、、
悪名高きバンサル港!むかーし行ったことがありますが、なるべくなら二度と使いたくない(苦笑)
旅なれていない人はオススメしません~!

以前はとっても素敵なプライベートヴィラに泊まっていたのですが、残念ながら売りに出されてしまい、もう行けなくなってしまいました~(泣)
なので、今回からはビーチ沿いのヴィラ滞在でございます~♪

ロンボクは大まかに分けると、
首都のマタラムエリア
サーフィンのメッカ、クタエリア
リゾートのマタラムエリア
この3つに分かれます。

いつもリゾートのマタラムエリアでウロウロしているのですが、
びっくりするほど何もない、誰もいない(笑)
バリから直接行くと、あまりの何もなさに途方に暮れてしまうかも~!

スンギギエリアでの過ごし方は、まさにホテルで満喫のみ!
今回の宿泊先はTHE CHANDI
出来たばかりの新しいホテルで、1泊100ドルちょっと。
ここら辺のヴィラにしてはお買い得かも。レストランもとっても美味しかった!
ここで2泊滞在しましたが、ほとんどホテルの敷地内から出ていませーん。
ロンボク4ロンボク3
波の音を聴きながら、プールサイドでのんびり。
日が暮れてきたら、ビーチを散歩して夕日を眺める。
それだけっ!
どこか観光地を巡らないと気が済まない性でしたが、ホテル篭りも出来るほど大人になりました(笑)

ロンボク5ロンボク6
スンギギエリアのビーチ沿いホテルのほとんどがコテージタイプのヴィラ。
もちろんオープンシャワーでございます~(*^^*)
これでバスタブがあればプチ露天風呂できるんだけどなー(笑)

ロンボク7
プールサイドでのーんびり日が暮れるのを眺めるなんてのも素敵☆
ギリメノとはまた違った優雅さがありますよ~♪

そしてバリへは飛行機で戻ります!
以前はスンギギに空港があったのですが、1年ほど前に、中部エリアに立派な国際空港ができました~!
週3回、シンガポールから国際線乗り入れしているらしいです。
ロンボク9
スンギギエリア滞在の人にとっては、以前は空港まで30分程度だったのですが、今は1時間半ほど。
自称ハイウェイ(笑)が通っているので、混雑もなく空港までスムーズに行けます。
ただ、空港までかなり遠くなってしまったので、ギリ目的の人は面倒になってしまいましたね。
ギリに行くならやっぱり船かな~。

ロンボク10
ロンボク-バリ間はもちろんプロペラ機。
飛行時間が20分ほどなので、ガルーダ以外はすべてプロペラ機です。
値段は片道30万~60万ほどなので、気軽に乗れますね♪

ロンボク12
空港周辺はなーんにもありません。
これからバリのようなリゾート地になっていくのかな??

あ~、大満足の旅♪
バリも良いけど、やっぱり、ギリ、ロンボクもいいなぁ~

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

南の島での過ごし方~ギリメノ編~

今回は南の島での過ごし方!

前回記事はギリメノの行き方でしたが、今回は上陸編ですよ~!!
giki meno1
船は浜辺に突っ込む感じで止まります。
波の引いた時を狙ってジャ~ンプ!!

ちょうどお昼時なので、そのまま船着場周辺のレストランで食事なんてどうでしょう?
まずは上陸を記念して、かんぱーい♪♪♪
gili meno2
ぷは~~~(*^o^*)

青い海に青い空、さわかに吹く風とビンタンビール!!

なんという最高な組み合わせ♪
これ以外に何が必要ですか!?(笑)
この時点で、ここまで来た甲斐があった~(^o^)/ヤッター

たっぷりと満喫した後は、ホテルへと移動。
島内の移動は、徒歩又はチドモと呼ばれる馬車しかありません。
バイクや車は環境保護のため禁止されているのですって!

チドモの相場ですが、比較的近い場所で8万Rp前後、ぐるりと1週すると15万Rp程度。
夜になると若干高くなるようです。

これはギリメノ相場になるので、トラワンガンやアイルはまた違うかもしれません。
ギリメノは一番不便な島なので、他2島より物価が高いようですよ。
あくまでも現時点での目安としてみて下さいね♪
gili meno3
チドモに揺られ、ホテルへGO!
乗り心地は結構悪いです(苦笑)
しっかり捕まってないと落ちちゃいますよ~~。

今回のお宿はビルメノバンガロー(Biru meno bungalow)
実はここのオーナーさん、ウブドのハノマン通りにあるレストラン、カフェアンサ(Cafe Angsa)も経営しているのだとか。
ウブドにも自宅を持っているそうで、ウブドネタで盛り上がってしまいました~!
gili meno4gili meno5
島の北側になるこのバンガローは、船着場からチドモで10分ぐらい。
いくつかのホテルを通ったはずれに位置しています。
このホテルから先の北西エリアは何にもありません。
なので、とても人も少なく、のんびりするにはうってつけのお宿!
gili meno6
とってもシンプルですが、ギリでの滞在では充分かな?
色々なレベルのお宿がありますが、高級ホテルを除き、基本的にはシャワーは海水交じりのシャワー。
お湯のところはほとんどありません。
トラワンガンは真水のホットシャワーのホテルはあるようですが、
真水はロンボク島から船に載せて運んできているので、超貴重なんです。

最初はそれは無理っ!!と思うかもしれませんが、そんなに気にならないですよ。
体がベトベトになることもありません。むしろ、海水のミネラルでお肌の調子が良くなる気がする~♪
歯磨きの時はさすがに苦いので、その時はペットボトルの水を使えばよいのです。

もし、どうしてもイヤっと言う人には、
ギリメノで唯一の高級リゾート、マハマヤリゾート(MAHAMAYA Boutique Resort)はいかが?
ギリメノ内で飛びぬけて綺麗で、ラグジュアリーなヴィラ。
gili meno11
今はビーチフロントの2棟のヴィラしかありませんが、今後はホテルタイプを建設予定だそうです。
なんでも、ここの料理がめちゃ美味しいらしく、ロンドンで10年間シェフをしていた人が腕を振るっているのだとか。
ホテルの中にブティックやジェラートもあったりと、ここだけ異世界のような感じ!
ラグジュアリーリゾートが良い人にはオススメ!
ハイシーズンで1泊$280だったかな?
ローシーズンではもう少し安くなるようですので、チェックしてみてくださいね~。

gili meno7gili meno8
日差しの強い昼間は、海に入ってはしゃいでも良し!ビーチで昼寝をしても良し!
レストランのブルガ(東屋)でのんびりしても良し!またビールを飲んでも良し!(笑)
脳みそが溶けるほどのんびりしてください♪

そして、夕方になったら、太陽が沈む方向目指して歩いていきましょう~。
サンセットを見るためのレストランを見つけることが出来ますよ~!
gili meno9gili meno10
オススメは掘っ立て小屋(!?)が並ぶディアナカフェ(DIANA CAFE)

のんびりビールを飲みながらサンセットタイムを待つにはもってこいの場所~!

gili meno12
綺麗な夕日だなぁ。

素晴らしい夕日に乾杯!!

そして日が沈むと満天の星空☆

浜辺に寝転がり、波の音を聴き、星空を眺め、流れ星に感動!
天の川を見たのはいつぶりだろう。。。
写真を撮ることは出来ませんでしたが、心にしっかり焼き付いています。

ギリメノで過ごす、素晴らしい1日!

もう、行くしかないですよね??

次回はロンボク編ですよ~

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

バリ島からスピードボートでギリアイランドへ!

ここ何年か通いつめているギリアイランド。
バリ島のお隣の小さな小島ですが、自然がいっぱいで海がとっても綺麗~!

本当に大好きな場所!
以前は飛行機でロンボク島に渡り、それからスピードボートに乗り換えて行っていました。

ですが、空港の場所が変わってしまい、ギリに行くには遠くなってしまったので、
今回は初めてバリから船に乗って行ってきましたよ♪

今回はギリへの行き方をご案内~♪

バリ島からは東部エリアのパダンバイから出発!
今回はバリ シー マリン クルーズ エクスプレス(Bali Sea Marlin Cruises Express)という会社のスピードボートで行きました。

インターネットレートだと、
大人片道500,000Rp、往復1,000,000Rpだそうです。
ハイシーズンはもう少し高いようです。
金額は問い合わせてくださいね♪

事前に予約しておくと無料送迎もしてくれますよ!
ウブドエリアの場合は朝6時半~7時にホテルなどに来てくれます。
色々な人をピックアップしながらパダンバイに到着~!

ギリ 行き方1
ビーチ沿いにある緑色のレストラン前で1時間ほど待機。
お腹がすいている人はここで朝ごはんを食べても良いかもしれませんね。

ギリ 行き方2
その後、レストランの奥で受付をします。
料金は事前に払っていたので、ここではサインのみでした。
お金を払っていない人はここで払うのかな??

ギリ 行き方3ギリ 行き方4
みんなでぞろぞろと港に移動し、船に乗り込みます。
なんとエンジン6機搭載!めちゃ馬力ありますね。すご~い!
9時に出発~!!

ギリ 行き方5
ベンチのある1階席と、オープンな2階席!
もちろん2階席ですよねん♪

ギリへは2時間の道のりです。
船は結構ゆれるので、船酔いしやすい人は事前に薬を飲んでいったほうが良いですね。
ダウンしている人もちらほらいました。

船の中でビールやジュースなども売っているので、
陽気な西洋人たちはビール片手に大盛り上がり!
どこの国もおっさんは皆同じだなと実感しました(笑)

そんなことを考えているうちにギリトラワンガンへ到着!
ギリ 行き方6
綺麗!さすがギリの海です!!

一番華やかなギリトラワンガンは海も綺麗、ホテルやレストランも充実していて、
過ごしやすい島です。
観光客もとっても多いですよ!

このボートはパダンバイからギリトラワンガン、ギリメノ、ギリアイル、ロンボクの順で島に寄りながら運行しています。
今回はお隣のギリメノ滞在なので、トラワンガンでは降りませんでした。

トラワンガンで降りる人、乗ってくる人などを待つので1時間近くは待つことになります。
ギリ 行き方7
ちなみに港はないので、船から下りるときは波のタイミングを図りながら浜辺に下ります。
ぬれても良い靴、洋服で行くことをオススメしますよ♪
荷物もスーツケースなどの重くて大きな物はやめたほうがよいかも知れませんね。
写真のお兄さん、スーツケースを海に浸していました(苦笑)

やっとギリメノに向けて出発ー!
5分ほどで着くのですが、ギリメノは結構厄介で、大きな船は港に着くことが出来ないのです。
しばらく沖で漂っているので、どうするのかなーと思ったら、ちいさな船がどんぶらこ~
ギリ 行き方8
人と荷物満載な船が到着。
どうやらコレに乗り換えて行くようです。
結構サバイバルな感じですね(笑)

ギリ 行き方9
恐る恐る乗り込むと、スピードボートは次の目的地、ギリアイルに向けて出発。
行っちゃったー。
なんだか不安な気持ちになりますが、
小船はギリメノに向けてどんぶらっこっこ~どんぶらこ~~

ギリ 行き方10
お~~!これこれっ!
この海を見に来たのよ~!!

毎年のように訪れていますが、この海が一番好き!

ギリメノ到着はちょうど12時。
ウブドからは5時間ちょっと。
結構な長旅ですが、この海が見れるのなら全然OKですよね!?

最高!

次回はギリメノの過ごし方編です!

これは行かないと損ですよ!!

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

まずはギリトラワンガンからどうですか?

ギリ3島で一番華やかな島、
通称パーティーアイランドと呼ばれるギリトラワンガンへ!!

ギリトラワンガン1
この島はバリ島のパダンバイから高速ボートで行けるので、
一番お手軽でオススメの島!

最近はバックパッカーの間ではかなり有名になっている模様。
ギリトラワンガン1
付いて早々、あまりのパッカーの多さにビックリ(@o@)!
人気急上昇のギリトラワンガン!!

ギリトラワンガンでは亀の繁殖施設があり、ここ一帯の海には沢山の亀がいるんです!
ギリトラワンガン3ギリトラワンガン7
ダイバー達にも大人気のようで、こんな船が沢山とまっていたり。
かなりのダイブポイントがあるようですよ!

華やかなトラワンガン島ですが、ちょっと離れると人も少なく、
ビーチ独り占め状態(*^^*)
ギリトラワンガン4
子供以上にはしゃいじゃってます~^^;

だって海きれいなんだも~~ん♪

ギリトラワンガン5
そして、ここでも懲りずにチドモ1周観光!

ギリトラワンガン6
華やかな通りや海沿い、木々の生い茂る道を走ってみたり。
意外と好きなんですよね、このチドモ観光。

夕方になったら、やっぱり夕日。
南国のサンセットタイムってステキね☆
ギリトラワンガン10ギリトラワンガン11

そして夜になれば、新鮮なシーフード!!
ギリトラワンガン9
うまいっ(*゚▽゚*)♪

ホテルもレストランもお洒落だし、一番楽しめる島、
大満足のギリトラワンガン~!

ね?行きたくなったでしょ?
って言うか、こりゃ行かないとね♪♪♪

まずはトラワンガンから行ってみませんかー??

ギリ3島、お気に入りの島を見つけてくださいね~!

バカンスブログおーわりっ!
今度はどこ行こうかな~^^
ギリトラワンガン12
他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

ギリメノ、海の透明度NO1!!

今回は3島の真ん中にある一番小さな島、ギリメノです。

ギリメノは通称ハネムーンアイランド。
一番人が少なく、とても静かな島。

ギリメノが近づいてくると、海が更に綺麗になってきた!
ギリメノ1
青い!青い!!

やっぱり南の島といったらこのブルーの海だよね~

テンション上がる↑↑ ヤッター♪♪♪

しかし、

港が目の前のところで問題発生。
ギリメノ2

波が高くて船が着けれませーん!
しょうがないので、ぐるっと回って浜から上陸。

でも、潮が引いたら船出せなくなっちゃうから30分だけねっ!
との条件付。

慌ててチドモを呼んで、大急ぎ1周観光です^^;
ギリメノ3

ギリメノは1度だけ泊まった事もあるのですが、
本当に静かな島。

船着場周辺はホテルやレストランが集まっていますが、
それ以外は本当に何もなく、夜は真っ暗。

でも、建設中の大きそうなホテルがあったので、
近いうちに観光客も増えてくるのでしょうか。

ギリメノ5ギリメノ4

のんびりと本を読んだり、昼寝をしたり。
贅沢ですよねー。

ギリメノ7ギリメノ9
そして、ギリメノ周辺の海の中もとっても綺麗なんですよ!
赤い珊瑚も有名らしく、いたるところに置いてあったりします。
シュノーケリングでも充分楽します♪

ギリ3島で唯一の観光地!?
ギリメノ8
ギリメノバードパーク

入場料高い割りに、鳥が少ない(失礼!)
ギリメノ9
南国の鳥さんたちが出迎えてくれますよ。
バードパークなのになぜかワニが居たりと、良く分からない場所ですが、
散歩がてらに寄ってみるのも良いかもしれません。

ギリメノ11
これも立派な道!
ちょっと探検してみたい気分~♪

30分では物足りないっ!
またリベンジしなくてはっ!!!

お次はギリトラワンガン~~~!!!
ギリメノ12
他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

お気に入りの島、ギリアイル

ロンボク島の北西部沖にある3つの小島

左からギリトラワンガン、ギリメノ、ギリアイル
Gili_islands_lombok
<Wikitravelより>

まずは一番ロンボク寄りの島、
ギリアイルに行ってきました。

出発はロンボク島の港、トゥルックナラ(Teluk Nare)から!!

バンサル港(Bangsal)からも行けますが、客引きがヒドイので、
それ以来、トゥルックナラからチャーター船で!
ギリアイル2
過去に何度もこの3島に行っているのですが、
今回の宿泊先はギリアイルをチョイス!
この島を基点に、他2島を巡る事にしました。

ギリ島の中で一番庶民的な島、ギリアイル
通称ファミリーアイランドなんて呼ばれています。
のんびりとしつつも、お洒落なレストランもあったりと、
個人的には一番落ち着ける島。
ギリアイル3
ホテルの入り口(笑)
ホテル専用の船着場のゲート!?
群がる客引きも居ない、誰も居ない、、、(笑)

ギリアイル4
島内の移動はすべてこのチドモ(馬車)!
ロンボク島内でも未だに庶民の足として現役のチドモ。
ギリ島は車やバイクが1台もないので、
移動手段はチドモか自転車か徒歩のみ。

島全体を見るために、チドモで島内1周ツアーをしました!
ギリアイル5ギリアイル8
海沿いにはバレ(東屋)が並び、
みんな昼寝をしたり、とっても居心地の良い感じのレストランが並びます。
それにしても、チドモの乗り心地は最悪です(笑)

ギリアイル9ギリアイル6
一番賑わっている場所に行って見ました。
えぇ~~~!人いっぱい!!
ちょうどフランス人たちのホリデー期間中とあり、かなりの人!!
とは言っても、この程度。
でも、年々確実に増えてます!
お洒落なレストランも増えたー!

そして、ギリ島は水がとっても貴重!
井戸を掘っても、やはり海水交じりとなってしまうため、
真水はロンボク島からこうやって水タンクを船で運んでいるのです。
ギリアイル7
食材も水も全てロンボクからなので、やはり島内の物価は若干高め。
しょうがないですけどね。
毎日大変だなぁ。。。

そして午後は、
ギリアイル12

お散歩途中、ステキなコテージを見学したり、

ギリアイル11

綺麗なビーチを見つけてみたり。

そして、1日の締めくくりは、やっぱり夕日!
ギリアイル14
今日も良い1日でした♪

次回は、一番小さくて静かな島、ギリメノだよ~!
ギリアイル10
他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ

バリ島のお隣、ロンボク島での~んびり

バリ島から飛行機で約20分、
素朴でゆったりとした島、ロンボク島
そして、ロンボク島の北西にある小さな島、ギリ三島に行ってきました~!

ロンボク島、ギリ島へはもう5回目の訪問となりました!

ロンボクとギリ、最高ですよ~♪
なんでみんなバリまで行って、ロンボクとギリに行かないのかな~?

あ~!もったいない!!

今回の目的は、ロンボクに住んでいる友達に会いに行く事、
そしてギリでひたすらのんびりする事!!

今回からはちょっとバリ島を離れて、バカンスブログでお送りさせて頂きます~♪

さっそくバリ島のングラライ空港から出発です。
ロンボク島1

国際線よりも規模は小さいですが、ローカル色満載な感じ。
ロンボク島2
密集度高っ!!
大体がインドネシア人、そしてサーファーやバックパッカーなど。
あまり日本人の姿を見かけた事がありません。

ロンボク島3
20分のフライトは、もちろんプロペラ機!
何社が飛行機が飛んでいますが、ガルーダ以外は基本プロペラ!
プロペラといっても安定しているので安心!だと思います(笑)

ロンボク島4
バリ島を上空から眺め、ロンボク島へ行ってきまぁ~す!

たった20分の距離ですが、まったく違うバリとロンボク。

3年前に初めて行った頃よりは華やかになったけれど、
バリと比べたらまだまだ素朴なロンボク。
椰子の木いっぱい、牛やヤギがのんびりと暮らす、ステキな島!
ロンボク島5
今回の宿泊先は、スンギギの丘に建つ、プライベートヴィラ!!

このヴィラの所有者は、オーストラリア人の家具メーカーのオーナーさん。
オーナーさんのお友達や関係者に限り、自由に使っていいよ~との事で、
お言葉に甘えて宿泊させてもらいました。
ロンボク島6ロンボク島7ロンボク島13ロンボク島8

目下には椰子の木の森、

その先には海!

邪魔する物は何もありません。

ロンボク島9

本当にココ、最高すぎます!!
ロンボクでNO1の場所だと思ってます!

プールサイドで何時間でも景色を見ていられる。
あぁ、幸せ。。。(*^^*)

ロンボクに来ると、夕日を見るのが一日の最大のイベント。

じつは、ロンボクから見るアグン山はとってもステキなんですよ!
ロンボク島10
アグン山の頂上に沈む夕日

あ~綺麗だなぁ。。。

自然のままの素朴なロンボク島、

本当に美しいです。
ロンボク島12

ね?行きたくなったでしょ?

さて、
お次はギリ三島のひとつ、ギリアイルへGO!!

他にもバリブログいっぱいです~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

NANA

タグ